栞子の ギリギリ年金生活

退職して2年が過ぎ、仕事探しは諦めました。
お金はないけど、なんにもない日に感謝して、小さな楽しみを見出しながら心豊かに暮らしたいと思っています。

カテゴリ:本のはなし > は行の作家

タイトルが面白かったので買ってみた。実用書と思って読んだ人が多かったのか、某サイトではかなり酷評されてるようだけど、わたしは結構楽しめたなー。<図書館の花壇に咲いてる元気色のポピー> 実際に3000円をどう増やすかとか、どう使ったら有意義なのかというノウハウ ...

わりと最近まで(BBAの言う最近は10年以上前だったりするのだけど)絵画にあんまり興味がなかったので、美術館にも縁がなかった。直島の地中美術館、大阪の国立国際美術館、金沢の21世紀美術館ぐらいしか行ったことがないの。あ、そういえばトレドでサンタ・クルス美術館に行 ...

栞子が某通信会社で働き始めたのは今から20年ほど前だけど、そこで斎藤さん(仮名)と知り合うまで美術館とは縁のない生活をしていた。斎藤さんは忙しい仕事の合間をぬってずっと絵を描いていたので、時々展覧会に誘われたりして、だんだんと絵画に触れる機会も増えていった ...

ほんとに随分久しぶりだなと思って記録をたどってみると、もう2年以上ご無沙汰していたようだ。昔、長距離移動の時などで手持ちの文庫本がなかった時は、本屋さんによるとあまり迷ってる時間もないので、東野さんの作品を買って乗っていたものだ。当時、栞子の中では「東野圭 ...

栞子が小中学生だった頃は完全な詰め込み教育だったと思う。 わが子たちが小学生の頃、社会や理科に替わって「生活」という時間ができたのではなかったか。末っ子は1987年生まれなのでゆとり世代ということか。今は小学校で英語の時間があったり、中学校でもプログラミング ...

実は栞子、最近まで(栞子の「最近」は10年ぐらい前だったりするのだけど)絵画にはあんまり興味がなかったのよ。 仕事のかたわらずっと絵を描いている友人がいて、7、8年前から時々誘われて展覧会などを観に行くようになった。いつも言うけど、上手いかどうかはさっぱりわ ...

昨日の開会式、特にすることもなかったので、ほとんど最初から最後まで見てしまった。率直な印象は「地味やな」だけど、この状況の中それは仕方のないことだよねぃ。浮かれて派手に騒ぎまわるわけにはいかないもの。個人的にはドローンの地球と、海老蔵さんと上原ひろみさん ...

たぶん、これから先外国に行くことはないような気がしてきたけど。本当は、もしもう1回行けるチャンスがあるなら、今度こそ最後だと思うからイギリスに行きたい、コッツウォルズとか行ってみたいと思ってたの。この本は40年以上付き合いのある友人が恩田陸さんの本と一緒に ...

栞子にとってはとってもタイムリーなお話だったわ。ちょうど施設に入所している叔母のことも気になっていたし、庭の花たちのことも気になってたところだもの。やがて訪れる春のためにはらだみずき新潮社2020-09-16それぞれのタイトルの頭に二十四節気がついていて心が和んだ ...

志村けんさん主演で撮影されるはずだった映画「キネマの神様」。沢田研二さんが代役で既に撮り終わってるらしい。沢田研二さんというと、栞子が小学生の頃一斉を風靡したザ・タイガース、熱狂的なファンがたくさんいたよねい。彼がソロになってからの「時の過ぎゆくままに」 ...

↑このページのトップヘ