毎週レビューするとは全く決めてないんだけど、またまた言いたくなっちゃった。
今回は、今までになく栞子的には「ん?」な展開だったわ。

ここで八重さんは終わりなんだなーというのはわかっていたけど、ちょっと納得いかなかった。

川で子どもたちが遊んでいるのをあんなに離れたところで見ているというのもどうなのよと思ったし。
平六も小○長すぎ。大だったのか…。
6C9F3B1F-84E2-46A1-9176-4E279E3933E5


あそこで大胸筋を見せる必要があったのかどうかは別として、鶴丸を八重さんから抱きとった後、全く後ろを気にしないというのも解せない。
岸に上がった後も自分の体拭くより八重さんのことを気にかけろよと、イライラしながら見てた。

史実では八重はもっと早い段階で入水したということなので、水つながりでああいう設定にしたのかなとは思うけど、助けられたんじゃないかと思ってしまう。
まぁ、それを言いだしたら今までの人たちもそうなんだけどね。 

金剛ちゃんがかわいそう。
お母さんの愛情が他の子たちに行ってるような気がして寂しかっただろうねぃ。
グレるよ。←あ、それは我が家の末っ子だ
8B710A30-CAAC-4F93-9394-D82DFDC68239
<今年はホタルブクロが豊作らしい>


冒頭、幸せそうな八重さんを見て、頼朝が嫉妬なんだか何なんだか「元彼マウント」的な発言してたのも気分悪かったし。
政子が「不愉快です」とピシッと言ったのがちょっと救いだったけど…。


というわけで、今回は栞子にとってはビミョーな残念感が残る回だったわ。




♪ 今日もお付き合いくださって、ありがとうございます ♪
 今年の大河には思い入れが強すぎて、つい熱くなってしまいますが、ポチッとしていただけると喜びます \(^-^)/
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村