お金に縁のない栞子さんが、思い切って投信積立を始めたのが去年の5月。
その時の記事は → こちら

ああいうのは、なくなってもいいという覚悟と財力がある人がやるものだと思ってるけど、月に1,000円といういかにもミニマルな額で始めたのだ。

ほんのちょっとの楽しみ程度で、もちろん元本割れの可能性もあるのだけど、一応そこは覚悟している。
APC_0051 (1)
<午前6時15分 朝がくるのが早くなったね>


今10ヵ月経って元本が10,000円になった。
ちょっと前までは+6〜7%ぐらいで順調に増えてて、定期預金よりはよっぽどいいなと機嫌よく過ごしていたのだけど…。

コロナ騒ぎが始まった頃、チラッと覗いてみると-8.6%ぐらいになっていて、あー、やっぱりなーという感じだった。

それからまたしばらく見てなかったんだけど、さっき見てみたら-20.7%だって。
10,000円あるはずが7,925円になってるではないか。

いや、まぁそんなものだよね。
このご時世だもの。
しかたないよね。

元々少額なので期待して始めたわけじゃないし、5年満期だし(満期というのかどうかは知らんけど)、この状態が5年間続くわけでもないし、一時的なものだと思うからそんなに動揺はしてないけど。

栞子がお金に関して欲を出すと、いい方向にはいかないってことなのよねぃ。

最終的には5年後にどうなってるかだけど。
やっぱり儲けには見放されてる予感しかしない。




♪今日も栞子のひとりごとにおつき合いくださって、ありがとうございます♪


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村