ブログを始めたのは15年ぐらい前かなー。
地元から引っ越すことになったので、友人たちへの近況報告のつもりで始めたのです。
その時は対象がはっきりしてたし、友人からコメントをもらったりしてやりとりしてました。
ブログ上で新しく知り合った人もいて、お会いしたこともないまま、今もやりとりが続いてたりもします。

その後また地元に帰ってきて元の職場に復帰したわけだけど、毎日一緒に働いてる人に読まれてると思うとなんか照れ臭くて、そのブログは閉じてハンドルを変えて別のブログを立ち上げました。
主に読書記録だけど。
読んでも読んでもすぐ忘れるから、せめてタイトルぐらいは書き留めておこうというつもりで。

まだ自分の中ではシニアと言うのが憚られて、何をネタにしていいのかわからなくなったり、だから本の話ばかりになってしまったというのもあるのだけれど。

そのうちTwitterとかFacebookとかに傾いて、だんだんブログが滞って…。

Facebookはリアルに知ってる人ばかりなので、まさに近況報告という感じですよね。
現在の職場の同僚には公開してないけど。
 
Twitterは、初めの頃は特にルールもなく気楽に、それこそつぶやいていたのだけど、だんだんフォローしたら挨拶するべきとか、フォローバックするのが礼儀とか、暗黙のルールみたいなのができて煩わしくなってしまいました。

それでも、やっぱり読んだ本のこと、日常諸々感じたことなんかをどこかで言葉にしたくて、またブログを始めたのです。
今度はシニアブログ、60歳代、にも抵抗ありませんでした。
正真正銘れっきとした63歳、もうすぐ64歳です。

そうすると、かえって自由に思うことを表現できるようになりました。

そして、同じくらいの年頃の方のブログを読ませてもらうと親しみを感じます。
わかる、わかる〜 なんて激しく共感したり。
とても丁寧に文章を書かれていて素敵だなーと思ったり。
参考にさせていただくことも沢山あるし、綺麗な写真にも癒されてます。
何より皆さん前向きで気持ちがいいです。

友人の中には、SNSとかとんでもないと言う人もいます。
栞子の周りにはそういう人がわりと多いような気がします。

ネット上では実際お目にかかることも、お話しさせていただくこともないけれど、こういう繋がり、いや栞子が勝手に読ませていただいてるだけなので、繋がりとも言えないかもしれないのだけど、なんだか楽しいよねーと思うのです。

栞子の場合は、頭に浮かんだことを節操もなくちぎっては投げ、ちぎっては投げみたいなスタイルで吐き出してるだけなので、読んでくださってる方に不快な思いをさせてしまっていたら申し訳ありません。

ちょっとそんなことも気になりながら、それでもこのスタイルで続けていくと思います。
このスタイルだから続けられるのかもと思います。

よかったら、また覗いてみてくださいね。



<雲を上から眺めた日>
IMG_2302







にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村