写真は前からよく撮ってたんです。あいほんで。
ふと見上げた空の雲がキラキラしてたり。
ドラマティックな夕焼けに出会ったり。
通勤途中にハッとするような可愛い花を見つけたり。
その時を逃すと、同じ景色には2度と出会えないから。
 
Every moment is a gift.
これ、何年か前のスタバのコピーなんだけど、この言葉が気に入って、ふと出会った一瞬をあいほんで撮るのが趣味、なんて密かに思っていたのです。
 
が、なぜかミラーレス一眼を買ってしまった。
つい調子に乗って、旅行するから、あいほんでは撮れない写真を撮りたいとか思って。

それ以来、玉ボケだとか・・・、玉ボケだとか・・・、うーん、それしかないぞ。
 
ちょっとは構図も気にしたりして、桜撮りに行こうとか、紫陽花撮りに行こうとか思って一応行ってみる。そして撮ってみる。

でも、そこまで強い気持ちはないのよ。
わざわざ撮りに行こうとか、と言いながら始発電車に乗って初日の出撮りに行ったりしたけれど。

なんかね、根性が足りない気がする。
カメラ構えて、アングルだとか構図だとか、一丁前なことしてるのが気恥ずかしいのよねぃ。
そして、電車とか撮ろうと思うと待たなきゃいけないし、一発勝負だから1回でいい写真はなかなか撮れない。
 
ここからこう撮ると、こんな絵になる とイメージするのだけど、実際はその通りにはならないし。
余計なものが入ったり、露出とか、光の方向とか、気にしなくちゃいけないことがいっぱいあるじゃないですか。

あー、めんどくさ〜 と思ってしまうわけで。
めんどくさ〜 と思ってることを趣味とは言えない気がするのです。


今月の初日、楽しみなことは田植えが終わった田んぼに映るアンパンマン列車を撮ること と言いました。
田植えが終わった所を、カメラ持ってチャリで何日もウロウロしました。
もう、ほとんど義務感。

この電車が通るのは午前と午後の2本のみ、平日のチャンスは1回です。


そして、やっとこの景色に出会えました。

IMG_8878

ただ、これはあいほんで撮ったのです。
 
毎日通勤電車の中から、行きも帰りも最後に残った田んぼを見てて、ずっと苗が植えられるのを待ってました。

昨日の帰りに終わってることを確認してテンション上昇、その足で現地に向かい、とりあえず撮りました。

そして、今日は本格的に撮るぞと気合い入れてミラーレス持って仕事に行き、帰りに同じ場所で撮ったのだけど、もう昨日とは違ったのでした。
1日にして水田の表面に緑の藻みたいなのが浮いてて、リフレクションは撮れませんでした。

はぁ、ちょっと萎えた。
そんなことを考えると、毎日ミラーレス持って歩くわけにいかないんだから、もうあいほんでいいやんと思ってしまうのですな。






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村